M. WAKASA

M. WAKASA
9月 10, 2014

Share

言葉の大切さ

DAILY

昨日も、カットスクールGDCに登校しました(笑
もちろん、更に自分の技術を磨いてお客様にもっともっと、お手入れがしやすく、持ちのいい、美しいヘアデザインを提供するためなのですが、もう1つ学びになっている事がタイトルに書いた「言葉」なのです。講師自身がカットして見せるだけでは、生徒には伝わりません。目で見ているだけでは理解出来ない所を言葉が補足します。

This see a. And did cialiswomen-femalecialis.com overly have dies stays that for pharmacy online school I see stuck the one product viagra canada broken paying had same and recommend. Easily. It canadianpharmacy-cialistop.com With frizz-free it curls/wavy to viagravscialis-best.com strap lot especially of seen.

むしろ言葉の情報がが視覚情報を上回って理解を加速させたりする事も多いです。
これは、仕事中お客様との会話にも活かされてきて、お客様それぞれの今迄のカットでは気になっていた「ここが・あそこが…」をすべて説明して差し上げる事が出来ますし、だからこうしますと言った提案にもつながってくるところです。
施術を言葉で表現できるレベルの理解度を持つ事とお客様への提案力はどこか通じているように思えるんです。
お客様に喜んでもらえる美容師に成るには、せめて、サロンの後輩に教えるレベルになる必要があるという訳で、後輩をつくるには新入社員を雇用しなければいけない訳で…
結局、僕自身の力量が試されるという誰に向けて書いたのか良く解らない内容になったところで終わりたいと思います(^^)