フリーランスという生き方

未分類

WAKASA

WAKASA
4月 12, 2018

Share

フリーランスという生き方

先日、フリーランスの美容師さんがご自分の母親のカットのために5Wを使ってくれました。
お客様を連れてこられる美容師さんはいるんですけど、親のカットは初めてだったんでなんか嬉しかったですよ。
自分のお店を持っていなくても、シェアさんがあればお客様との関係を失う事もないし、全国にシェアサロンがもっと増えれば、帰省した時に近くのシェアサロンで親や兄弟や幼馴染みのヘアをデザインしたりできます。遠くに引っ越されたお客様の近くにたまたま立ち寄ったりした時にシェアサロンを借りて久しぶりの再会なんて時代も近いと思います。
貸す方、借りる方に上下の力関係はなく好きな美容を純粋に楽しむフラットな関係性で互いをリスペクトできるような新しい美容師としての生き方、サロンの在り方を創造していきます。
働き方がどうであろうと、勤めていようと、フリーランスだろうとしっかりとお客様と信頼を築いていて、尚且つ周りの共に働く人とより良いコミュニティーを作れ力が必要なのは今も昔も変わらないです。
お客様の中にはどうなっちゃうの?と疑問、不安に思う方もいるかもしれませんが、偶然フリーランスの美容師さんがきているときに来店されていたお客様の反応は至って普通で「新しい人入ったのね?」くらいのものなのでご心配なくww

Leave Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です